3月19日(月)に公立高校の合格発表がありました。

無事、スクール生全員、第一志望校に合格しました!

おめでとう!

【合格校(公立)】

一宮西、一宮興道、西春、松蔭、木曽川、美和、稲沢、杏和、一宮商業、起工業

 

合格発表の当日は朝から生徒からの報告を待つため、教室で講師たちとドキドキしながら待機していました。

第一志望の高校に合格発表を見に行き、自分の受験番号を見つけてすぐに電話で報告してくれた子。

教室の中でじっとしてられず、合否の報告に来てくれる生徒を教室の外で待っている私を見つけた瞬間、

「せんせーっ!受かりました~っ!」と、ダッシュで駆け寄って報告に来てくれた子。

ちょっと照れ臭そうに、でも、真っ先に教室に来て合格を報告してくれた子。

なかには、いつもならすぐに電話をくれるのに、もったいぶり尚且つ心配させて、夕方ニコニコと合格証を持って現れ、この私を驚かせようとした憎たらしい子もいました(バカヤロー!めちゃくちゃ心配したんだからな!!笑)。

でも、本当によかった。

CAIスクールの皆、本当に「第一志望に合格したい!」という思いで頑張っていたし、受験勉強終盤はものすごい集中力を発揮したと思う。

本当に最後までよく頑張ったね。おめでとう!

全員が第一志望に合格できたという結果は、スクール長の私も当然、嬉しい気持ちでいっぱいです。

でも、もっと嬉しいことがある。

それは、高校受験という、人生でおそらく最初の試練に対し、皆が堂々と戦い抜いたこと。

それがすごく嬉しい!

高校受験というのは、たいていの人が初めて自分の将来の選択において試される機会。

皆、自分の将来に対し、堂々と立ち向かった。

それって当たり前のようで、実は凄いことだと思う。

これは、もし第一志望に合格できなかったとしても、一つの試練に真っ向から挑戦したプロセスの偉大さは変わらない。

受験が終わってから見た皆の顔は、一つの大きな試練を乗り越えた顔になり、少し大人になったようでカッコよかった。

本心でそう思った。(マジで。)

高校受験を通じて、CAIスクールの皆は大きく成長したね。

 

そして、これから、こういう機会は大人になるにつれて、これから何度も訪れます。

ときには不安なこと、辛いこと、しんどいと思うこともあるし、人生ではうまくいくこと、いかないこと、いろいろな場面をこれから経験すると思う。

そんなときは、どうか、この高校受験を思い出してほしい。

何事も、「プラスに考えるか、マイナスに考えるか」。

CAIスクールの皆はどっちに考える?

困難に挑むことによって得られるたくましさ、乗り越えることによって得られる達成力、目標を達成するために何が必要で何が足りなくて、そして何ができるかを考える力と行動力。

こういうチャレンジ精神は、必ず人生を豊かにさせます。

「プラスに考えるか、マイナスに考えるか」

どうせだったらプラスに考えよう。

こうやって人生を楽しまないと!

 

間違いなく受験を終えたCAIスクールの中3生は、この受験で強くなったと思う。

だからこの受験を一つの結果とせず、自信を糧に、反省を材料に、これからの人生において少しでも活かしてくれたらと願います。

そして、この受験を終えた中3生に対し、最後に小言。

受験までの長い期間、どれだけ親に心配をかけたか分かってる?

「先生、ありがとう!」と、嬉しい言葉を言ってくれた子も多かったけど、その言葉、お父さん、お母さんにも伝えた?

皆の成長こそが、お父さん、お母さんの生きがいです。皆のことが、かわいくてしかたない。大事でしかたない。だからこそ、心配もするし、助けたいし、高い授業料を払ってでも皆を塾に行かせてくれたんだよ。どれだけお父さん、お母さんに心から支えられているか、よく考えてほしい。

だから、照れくさくても、必ず、お父さん、お母さんに合格のお礼を伝えること。次の進路でも努力すると誓うこと。

そしてこの春休み、受験勉強期間に全くやっていない家の手伝いをすること。

絶対に忘れないように!

これが最後の宿題です。