CAIスクールの生徒たちへ

4月のカレンダーも半分が過ぎ、1学期の授業も、実質2週目です。
新しい学校、クラスに慣れましたか?
4月は前学年からの移行期という見方もでき、慣らし期間でもあると言えます。
特に新入生は、この期間に新しい生活のリズムを整え、入学した学校の雰囲気や校風を知り、そしてこれから一緒に過ごす先生やクラスメイトとの関係にも慣れていくという大切な期間ともいえるでしょう。

そして自ずと考えていく必要があるのは「勉強」です。

どの学校も、4月はいろいろな行事やイベントがあり、学校の授業のペースも緩やかです。そして誰もが皆、「気持ち新たに」と考えていることでしょう。そこでこの時期に重要なのは、どのような目標を立て、どのようにして自分を管理し、どのように実行していくか、です。
そしてこの緊張感をいつまでも持続することです。

中1、高1生は、入学した学校で初めての定期テストが5月にあります。「中間テスト」です。
特に中1生にとっては、初めて自分のテストの成績に数字のついた順位をつけられる機会になります。
高1生は、頑張って合格し、期待に胸を膨らませ入学した学校で、嫌でもその学校の中での学力における「立ち位置」を痛感しなければなりません。これが現実です。

だからこそ、スタートが肝心です。今やるべきことをしっかりやる。先を見据えた行動をする。

具体的なことは、スクールで個別に皆に確認します。

そして話は中2を飛び越えて中3。
高校入試を受験する重要な年。そして中3生のほとんどの子が、おそらく人生で初めて経験するであろう、自分の道を自分で決める、最初の勝負の年です。

スクール生の中3生は、昨年の先輩達を見て、どう思い、何を感じた?
受験期終盤に見せた、あの緊張感と集中力、本番に見せる底力。CAIの受験生は毎年、ここ一番で力を発揮します。

今度は皆の番です。でも、きっと大丈夫だと信じています。

CAIのスクール生は、根は真面目で素直な子ばかり。この1年、CAIの先生たちとスクラムを組み、実直に努力を継続すれば、必ず良い結果が待っていると思います。

だからこそ、5月の中間テストを見据え、緊張を持続し、やるべきことに全力を尽くしてほしい。

既に高校受験を経験した、高校3年生にも同じことが言えると思います。こういう場面は人生の節目、節目でこれから何度も訪れます。大変な一年になると思う。でも、これが自分の進路を決める大勝負だと考えたら、気合いが入るよね。
過去の経験、成功や自信、失敗や反省を活かして、良いスタートを切ってほしい。

さて、問題は中2、そして高2。これは話が長くなりそうです。少し耳の痛い話をしたいと思う。
この続きは、また明日。