友だち登録で入会金無料のクーポン配布中 LINE友だち追加

「自信のつくり方①」

「希望こそが未来×自己肯定感が高まれば人生100%うまくいく!」#10

稲沢駅西校のみなさんこんにちは。

メンタルトレーナーの藤川裕子です。

みなさまは夏のオリンピック・パラリンピックでどんなことを感じられましたか?

私は、オリンピック・パラリンピック選手の方々の「やりきった」「できることはやった」「今までの努力が報われた」などのコメントに、1つのことを「やり抜く」ことの素晴らしさと、並大抵ではない日々の「努力」が伝わってきて、とても感動していました。そのエネルギーから私も頑張ろう!と勇気が湧き、笑顔になることできましたので、感謝しています。

またまた熱く語りそうなのでこのへんでw

それでは今日も、稲沢駅西校のみなさんの人生がより豊かになり、笑顔溢れるイキイキとした日々を過ごせるように、心を込めてメッセージをお届けしますのでぜひ、お読みくださいね。

これまで生きるエネルギーである”自己肯定感”についてお話ししてきました。人生の目的を明確にし、達成感や充実感を得る基礎となるのが自己肯定感です。自己肯定感は幾つになっても後天的に育てることができます。そして、自己肯定感は日々の小さな積み重ねによって育っていきます。大切なのは

「どうすれば自己肯定感を高められるのか⁈」

上げ方を学び、その中で自分にあった自分オリジナルの高め方を把握しておくことです。ぜひ、今までお伝えした中から、できることからはじめてみて自己肯定感を高めていただけたら嬉しいです。

では、今回からは「自信のつくり方」についてお届けしますね。

いきなりですが稲沢駅西高のみなさんは自分に「自信」がありますか?

「自信」とは「自分を信じること」(self confidence)です。

新しいことに恐れずにチャレンジしたり、ストレスに耐えたり、高い目標に対して長い間継続的に努力したりするためには、ベースに強い自信を持っていることが重要です。

オリンピック・パラリンピック選手の方々が「金メダル」を目標に、日々弛まぬ努力をし、結果をつかみとるには「自信」が必要不可欠です。

そんな「自信」はつくることができるってご存知でしたか?

実は、心の仕組みを知り、実践すれば誰でも自信はつくれるんです!稲沢駅西高のみなさんが、受験に向けて自信がつくれたらこんなメリットがありますよ。

・子どもたちが志望校に合格できるための「ストレスに耐久できる強い心」が得られる。

・新たに自分オリジナルの勉強法をクリエイトして楽しむための「チャレンジ力」が高まる

・子どもたちが勉強を習慣化するために絶対不可欠な「モチベーション」が自然と湧く

いかがですか?

受験に合格するためには絶対に手に入れたい力ですよね⁉️

これから13コの自信のつくり方をお伝えしていきますので、受験生のみなさんはもちろん、親御さんにもぜひ知っていただき、子どもたちと一緒に、志望校に合格できるための強いベース作りをしていただけたら嬉しいです。

【自信のつくりかた1】「自分にはできる」と言い聞かせる!

まず1つ目は「自分にはできる」と言い聞かせることです。

なぜならわたしたち人間には危険察知能力として「防衛本能」があるため、不安、心配、恐れといった感情を無意識のうちに繰り返してしまうからです。

65,000回の思考のうち45,000回が不安や恐れなどネガティブなことを考えるともいわれるほどです。

それは、人間が生き延びるために必要だったからインプットされているので、仕方のないことですが、現代人はそんな思考がいき過ぎないように、意識してポジティブ思考にしていくことが必要なんです。

そんな、人間の習性を理解し、「できる」「大丈夫」と言い聞かせることで、脳に染み込ませていくことができます。最近では、子育てについてたくさん知識が得られるようになり、もともとポジティブに考えられるように備わってるお子さんも増えてきています。

ここで、親御さんにお尋ねしたいのですが、子育てにおいて「大丈夫!」「できるよ〜」という言葉がけが多かったですか?それとも「ダメ!」「なんでできないの」という言葉がけの方が多かったですか?

なぜお尋ねしたかと言いますと、「育てられ方」によって自信の身に付け方に少し違いがでてくるんです。

今までの生育環境で「できる」「大丈夫」と言われて育ってきた子どもはもともと「自分にはできる」と思える能力が備わっています。

しかし、「ダメ!」「なんでできないの」といわれ育った子どもは「自分にはできる」と思えない思考に陥ってしまいます。

いかがですか?

前者であれば、これからも子どもに「できるよ〜」と勇気づけしながらサポートしてあげてください。

そして、後者であっても大丈夫です!今からでもそれをくつがえすぐらい「できる」と言い聞かせることで脳に染み込ませることができます。

子どもたちが勉強を習慣化するために絶対不可欠な「モチベーション」が自然と湧き、自信がつくれるように、「できるよ〜!」と勇気づけしてサポートしてみてくださいね。

最後に、パナソニックの創設者の松下幸之助さんは「どうやったら運が良くなりますか?」という質問に「運がいいと思うことからはじめる」と答えられたそうです。

自信を身につけ人生がより豊かになり笑顔溢れるイキイキとした日々を過ごせるようにまずは、「自分にはできる!」「自分は運がいい!」と思うことからはじめてくださいね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

稲沢駅西校のみなさんが目標を達成でき、元気よく希望に満ちた毎日を過ごせるよう、「自己肯定感が高まる方法」などをお届けしていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

ではまた次回お会いできるの楽しみにしています。

次回は、引き続き「自信のつくり方」についてお届けしますね。

それでは今日も素敵な1日を😊

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

このブログをシェア

このブログを書いた人

アドラー流メンタルトレーナー
自己肯定感カウンセラー
You& 代表
美容、健康、心理学、数秘学、食事をベースに ”自分らしさ” の見つけ方を提案しているモチベーショナルスピーカー。”笑顔の連鎖で世界を平和にする”を目的に活動中。

お問い合わせはLINEでお気軽に 友だち追加はこちら
目次
閉じる